読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nagolove.

名古屋・愛知のラブホテル・レジャーホテル クチコミ情報Blog「ナゴラブ。」

ラブホテルの料金ってこうなってる

f:id:byebye_lovehotel:20161127222348g:plain

ラブホテルは普通のホテルと違い「休憩」という利用法がある為、馴染みのない方には少し複雑かもしれません。料金の種類には4つ(休憩・宿泊・フリータイム・延長料金) あります。

休憩

例えば、2時間4,500円と書いてあったら4,500円で2時間利用できると言うことです。 しかし、4,500円ポッキリと言うことはまずなく、消費税とサービス料という不透明なものがついてきます。同じホテルでもお部屋のランクによって値段も 随分変わってきます。 昼間なら全室統一料金という所も少なくないので、(3,4千円位が一般的?)こういう時に良いお部屋を狙ってみましょう。 基本の時間は 2時間or3時間が一般的です。あと、設定時間より少し短い時間(ショートタイム)で出れば安くなるというシステムがある所も。

宿泊

20:00~10:00が宿泊時間だった場合、その時間ちょうどに入って、きっちりチェックアウトしなくちゃいけないわけではありません。ホテルによって は休憩のつもりで入っても入室した時間によって宿泊料金なる場合がありますので注意しましょう。 深夜休憩制度をとっているホテルもありますので、宿泊しない場合はそちらを利用して下さい。(あるとは限らないから要注意!)また休憩から宿泊に変更する場合は宿泊時間以外を前延長として請求される場合が有ります。どうしても人気ホテルに泊まりたいなら、先に入室してしまうというこの手も有効でしょう。

フリータイム(サービスタイム)

早くいってしまえば,カラオケのフリータイムと同じようなものです。 休憩料金(または別設定のフリータイム料金)で、設定時間内だったら何時間いても同じ料金というお得なシステムです。例えば、フリータイム6~18時 ¥4000であれば18時までの最長12時間がこの料金で大丈夫です。ただし17時に入室すると、1時間以内に出れば4,000円ですがそれ以上になると 通常の休憩料金が適用されます。平日と土日では時間設定が違うので注意。

タイムシェア

最近増えてきたこのシステム。休憩・宿泊の概念を無くし24時間関係なく入室した時間から何時間滞在するかで料金が決まるシステム。休憩→宿泊やフリータイム時間の切り替えを気にしなくて良いのでとっても便利!真夜中にちょっとの時間だけ滞在だってお気軽に。

f:id:byebye_lovehotel:20170117152950j:plain

延長

30分単位の設定が一般的。あまり延長する人もいないのでは?とは思いますが、1,500円位が多いと思います。